【テイラーメイド】P790アイアン2023年モデル 評価・口コミまとめ

この記事ではテイラーメイドP790アイアン(2023年モデル)の評価や口コミ、スペックをまとめています。

今作で4代目となるP790アイアンですが、シリーズを重ねるごとに完成度が上がっています。

購入を検討する際の参考にしてください。

P790アイアンの評価や特徴

かっこいいシャープな見た目ながら、アマチュアゴルファーでも易しく打てるテイラーメイドの軟鉄鍛造中空アイアン。

前作に比べると、バックフェース側に少しくぼみが追加されていますが、デザイン的には前作をしっかり継承しています。

肉厚の薄さがウリのP790ですが、今作はヘッド内部のバックウォールをディンプル形状にすることにより、さらなる薄肉化に成功しています。

さらに前作同様にSPEEDFOAM AIR充填剤を使用することにより、心地よい打音や打感を生み出しています。



ロングアイアンには比重が重いタングステンウェイトをヘッド内部に装着。

また、番手ごとにウェイトの重さや形状を調整し、求める弾道との最適化を行っています。

タングステンウェイトによって低重心化されたヘッドは、高弾道やミスへの高い寛容性を兼ね備え、長い距離でもグリーンをしっかり狙えます。

逆にショートアイアンにはタングステンウェイトを使わず、ショートゲームで使いやすいよう操作性を向上させています。

そのため、ロングアイアンはラクに飛ばすことができ、ショートアイアンではいろんな球筋を使い分けることができるアイアンセットだと言えます。

P790アイアンの口コミまとめ

P790アイアンを使用したユーザーの口コミを要約しました。

  • 中空なのに柔らかい打感が良い
  • 距離のバラツキが少ない
  • ミスショットへの寛容性が高い
  • 弾道、高さ、飛距離、スピン量のバランスが良い
  • 番手ごとの性能差が少ない



全体的に高評価が多く、平均評価もかなり高めです。

失敗談もほとんどなく、購入したユーザーの満足度がかなり高いアイアンです。



キャビティバックや中空のアイアンセットには、7番と8番アイアンで大きな性能差があることがよくあります。

7番と8番であたりでフェースやヘッドの素材を変えたり、ウエイトを大きく変えたりすることがあるためです。

これは重心位置などがいきなり変わってくることが原因なのですが、今作のP790ではその問題もしっかり解決されています。

重心位置の番手フローがしっかり最適化されており、かなりバランスの良いアイアンセットに仕上がっています。

☆レビュー参考サイト

テイラーメイド公式

GDOショップの口コミ

P790アイアンが合う人

P790アイアンがおすすめな人は以下の通りです。

  • シャープな見た目のアイアンが使いたい人
  • ロングアイアンをラクに飛ばしたい人
  • ストロングロフトが苦手な人
  • アイアンのひっかけが多い人

マッスルバックはヘッドスピード的に難しいけど、見た目にこだわりたいゴルファーにおすすめです。

また、ストロングロフトの飛び系アイアンが引っかかったり、飛びすぎたりする場合にも試してみる価値があります。

P790はスピンもしっかり入るアイアンなので、速いグリーンでも球を止めやすいです。

ちなみに単品購入で4番・5番を購入するのもアリです。

P790アイアンのスペックまとめ

ヘッドに内臓タングステンウェイトを入れているのは3~7番まで。

セット販売は6番からPWとなります。

そのため、3~5番は単品購入です。

〇純正シャフト スチールのみ

  1. N.S.PRO® MODUS3 TOUR 105
  2. N.S.PRO® 950GH NEO
  3. Dynamic Gold EX Tour Issue
P790 2023
参考価格 101,000円
発売日 2023/9/8
定価 セット159,500円 /単品31,900円
番手構成 3~9番、PW
基本セット 6~9番、PW
7番ロフト 30.5°
7番ライ角 62.5°
7番長さ 37インチ
NSPROフレックス S
NSPRO重量 106.5g/98g
NSPROトルク 1.7
DGフレックス S200
DG重量 131g
DGトルク
キックポイント 元調子/中調子
バランス D1~D3