ラウンド中の頭を保護する!ゴルフ帽子の種類とメリット、マナーについて

「ゴルフ場では帽子をかぶらないといけないの?」

「ゴルフ用の帽子ってどんな種類があるんだろう」

こんちには、FOLG編集部の中村聖子です。

ラウンドするときに何気なくかぶっているゴルフキャップ。

ところでゴルフは、ルール的に必ず帽子を着用しなければならないわけではないことを知っていますか?

そう、私も意外だったのですが、ラウンド中に帽子をかぶらずプレーをしても、実は問題ないのです。
(ちなみにローリー・マキロイ選手はライダーカップの時には帽子をかぶらないことで有名です)

しかし、帽子をかぶらずにプレーすると、”見た目”的にも、”マナー”的にもあまりいい印象を持たれない場合が多いです。

できれば、帽子をしっかりかぶってプレーすることが望ましいですし、帽子をかぶるメリットもたくさんあります。

また、ゴルフ帽子にはいくつか種類が存在し、それぞれの特徴を理解しながら、自分に合う帽子を選ぶことが大切です。

そのため、この記事ではゴルフ帽子にまつわるマナー帽子をかぶるメリット、最後にゴルフ帽子の種類や特徴を解説しています。

最後までこの記事をしっかり読み、好感度よくファッショナブルにラウンドしましょう。

この記事を書いた人

中村聖子/FOLG編集部
経理部の女子ゴルファー。
職場で誘われゴルフを始める。ゴルフ歴13年。

ゴルフ場は帽子の着用にうるさいのか?

日本の名門ゴルフ場トップ10などで紹介されているゴルフ場では、当然ですがドレスコードも厳しいです。
(マナーがひどいと入場を拒否されることもあります)

そのため、きっと帽子についてもルールがあるに違いないと思っていましたが、調べてみると違っていました。

10件のゴルフ場のうち、「帽子を必ず着用する事」と明記していたのは2件のみ

また、「広告色の強いデザインの入っていないものを着用してください」と書いてあったのが1件。

そして「帽子はサンバイザー可」とあったのが2件。

のこりの半数は帽子について触れてもいませんでした。

このように、帽子の着用義務をドレスコードに入れているゴルフ場は実はそこまで多くないようです。

ゴルフ帽子のメリット

ゴルフ場のマナー的にもルール的にも必ずしも着用する必要がないゴルフ帽子ですが、ゴルフ帽子をかぶることによって、これらのメリットを受けることができます。

  1. 危険防止(ボールがあたった時の衝撃を和らげる)
  2. 夏の熱中症予防と紫外線防止
  3. 冬の防寒対策
  4. 急な雨への対応
  5. ファッション

があげられます。

特に①の頭の保護に関する項目は非常に重要です。

打球がダイレクトに頭へぶつかるより、帽子というクッションがあることでかなり頭への衝撃を減らすことができます。

「たかが帽子でそんなに変わるものかな~?」と思ってしまいがちですが、安全にラウンドするためにもできるだけゴルフ帽子を着用しましょう。

ゴルフ帽子に関するマナー

ここからはゴルフ帽子に関するマナーを紹介していきます。

①レストランでは必ず帽子を取る

レストランでは必ず帽子を取りましょう。

入口に帽子掛けが置いてありますので、そこにかけておきます。

忘れそうだからと持って入ることは、禁止されてはいませんが、テーブルの上に置くことは厳禁です。

外で埃やごみを付けた帽子を、テーブルの上に置くのは衛生的にもよくないし、同伴者に失礼です。

②クラブハウス内で帽子を取る

子どものころ室内では帽子を取るように教えられたと思いますが、クラブハウスでも帽子を取った方が無難です。

帽子をかぶったまま話や移動をしている人は少なくありません。

取らなくても大丈夫かな、と思ってしまいます。

しかし、同じコンペに参加する人に次々出会いますよね。

その時は帽子を取って挨拶する方が失礼になりません。

クラブハウス内では帽子を取ることを意識しておいた方が、マナーを重視するすべてのゴルフ場や人に対応できます。

③コンペ開始の集合の時帽子を取る

コンペ開始の前には、連絡事項の伝達の為、一旦集合すると思います。

その時には帽子を取りましょう。

女子は帽子を取ったりかぶったりすると、髪が乱れるので、余り気が進まないかと思います。

しかし、人の話を聞くときは帽子を取るのがマナーです。

マナーを心得ていると思われて好感度アップです。

ゴルフ用帽子の種類

ここからはゴルフでよく使われる帽子の種類を紹介していきます。

①キャップ

キャップは街中でもおなじみの前につばのついた帽子。

多くのプレーヤーがキャップを利用していますので、誰でも手に取りやすい帽子です。

その特徴は、

  • オーソドックスな形なので使いやすい。普段使いできる。男女を問わず家族で共用も可能
  • ゴルフ用として、夏は吸汗性や通気性、冬は保湿性を考えて作られたものがあり、快適にプレーできる
  • 一つのキャップで季節を問わず長く使える。
  • 髪をおさえられて、プレー中の邪魔にならない。結わえた髪を後ろのアジャスターの穴から通してまとめることができ、風がふいても飛んでいかない。

②サンバイザー

街中でも日よけのため、女性がよくかぶっている姿を目にします。

髪のアレンジがしやすいこともあり、ゴルフ女子にも人気。

その特徴は

  • 頭がおおわれていないので蒸れなくて涼しい。反面、太陽光をまともに受けるデメリットも。
  • 髪がぺちゃんこにならない。お団子ヘアができるなど髪のアレンジも可能。
  • コンパクトに収納できる。バックの持ち手などに通してひっかけることができ、持ち運びしやすい。
  • カジュアルに若々しく、スポーティーにコーディネートできる。
  • アジャスターやゴムベルトで頭にピッタリフィットして、プレーの邪魔にならない。

③ハット

おしゃれな人におすすめ!

この帽子といえば、あのプロと思い浮かぶくらい、印象深く個性的にコーディネートできます。

特徴的なので、ハードルは高いかも。

利用し続けるとトレードマークとして認識されます。

また、ハットの中でもいくつか種類があります。

バケットハット

バケツをさかさまにしたような、すっぽりかぶれるタイプ。

サイドから入り込む斜光をかなり防ぐ。

つばがぐるりと360度ついているので、耳やうなじも日焼けから守る。

石川遼プロが着用して人気に。

中折れハット

 

真ん中に凹みが出来ているデザイン。

夏の麦わらの中折れハットは見た目にも涼しそう。

男性が着用するとダンディーにきまる!

テンガロンハット 

カウボーイがかぶるような形。

片山晋呉プロのトレードマークで有名。

プレー中はあごひもで止めておかないと、帽子が飛ばされたり、邪魔になる可能性がある。

 

④ハンチング

おしゃれも腕前も上級者では、と注目されそう。

最近はすっかりカジュアルになったゴルフですが、古い時代の紳士淑女のゴルフのイメージにぴったり合いますね。

筆者の周りでハンチングを着用している人はほとんど見ません。

かなりのおしゃれさんでないと着こなせないイメージがあってなかなか手が出せないのかも。

勇気をもってトライしてみては?

その特徴は

  • モナコハンチング、プロムナード、キャスケットハンチングの種類があり形状が違う。
    顔の形との相性がとても大事。
    似合うものを選ぶのがよい。
  • 伸縮性があり、頭にフィットしてずれにくい。
  • 色柄が豊富で、落ち着いた雰囲気からカジュアルにと幅広いおしゃれができる。

⑤ニット帽

寒い冬にはこれ! 防寒機能で他のどの種類の帽子より暖かく、プレーに集中できます。

見た目にも暖かそうで、冬のゴルフに安心感を与えます。

その特徴は

  • ニット帽は女子がかぶるととってもキュート!
  • デザインが豊富。耳あてのついているもの、ニット帽がネックウォーマーやマフラーに早変わりするものなど2WAY、3WAYでコーディネートできるすぐれものもある。
  • タウンユース兼用可能。冬の間中ニット帽で頭ぽっかぽか!

まとめ

ゴルフ場で帽子を着用するルールはありません。

しかし、着用するメリットがたくさんあります。

髪がぺちゃんこになるのが気になって苦手な方も、ご利用をおすすめします。

クラブハウス内、特にレストランでは脱帽がマナーです。

マナーを守り、自分に合った帽子でコーディネートして、好感度の高いファッショナブルなゴルファーになりましょう。



ところでFOLGではメンズ・レディース向けにおすすめのゴルフ帽子を紹介しています。

キャップ・ニット帽それぞれありますので、気になる場合はぜひチェックしてみてくださいね。