打音が進化したピンの新作ドライバーG430のスペックと評判まとめ

2年ぶりにピンから新作ドライバーG430シリーズの発売が発表されました。

2022年11月11日に発売される予定です。

ピンのドライバーは人気があるだけに、このG430に注目している人も多いのではないでしょうか?

G430にはラインナップとして、MAX・SFT・LSTの3種類が登場しています。

この記事ではG430ドライバーのスペックや特徴、各媒体での評判をまとめています。

購入を検討される場合の参考にしてください。

G430ドライバーのスペックや特徴

まずはG430ドライバーの各モデルの簡単な比較表です。

モデル ヘッド体積 ロフト角 特徴
G430 MAX 460cc 9/10.5/12 ブレずに飛ぶ
G430 SFT 460cc 10.5 ドロー設計
G430 LST 440cc 9/10.5 低スピン

➀のG430 MAXはシリーズのスタンダードモデルになります。

高慣性モーメントがウリのピンドライバーですが、高い直進性が強みのドライバーとなっています。

➁のG430 SFTは高慣性モーメントは維持しつつも、さらに捕まりが良くなったモデルとなります。

スライサーや自分でボールを叩きに行くのが苦手な人に向いているモデルです。

最後のG430 LSTは低スピンモデルということで、ヘッドが少し小ぶりで振り抜きがよくなるように設計されています。

ドライバーの球が吹き上がってしまう人やスピン量が多い人に向いているドライバーとなります。

設計のポイントや特徴

最近はドライバーで「どれだけ飛ぶか?」という飛距離に注目されることが多いので、ピンに限らず各メーカーのプロモーションには「飛距離性能アップ」が強調されます。

ただ、ゴルフクラブのルール上、反発係数には制限がかかりますので、そういう宣伝文句をあまりうのみにしないことをおすすめします。

ヘッド全体やクラウン部分を改良することによって「空気抵抗を減らしてヘッドスピードアップ」ということなら、まだ期待は持てますが、単純な飛距離性能アップという文言にはあまり期待をしない方が無難となります。

そんななかでG430シリーズの特徴としては、、、

  • ミスヒットでも飛距離が落ちない
  • ミスヒットしたときもいい音が鳴る
  • タービュレーターで空気抵抗を軽減

と言った部分になります。

細かいテクノロジーや新しい技術については、難しい話になると思いますので割愛しますが、詳細が知りたい場合は下のリンクから公式ページをチェックしましょう。

試打するときに注意したいこと

私の個人的な意見ではこの「ミスヒットでも飛距離が落ちない」という強みが自分にマッチしているかどうかをチェックするべきだと考えています。

ラウンド中は100点満点のドライバーショットをすることがほとんどありませんので、最大飛距離を求めることにあまり意味はありません

そのため、試打やクラブをレンタルするときは最大飛距離ではなく、平均飛距離をチェックするようにしましょう。

また、サイドスピンの量や球の散らばりなどもしっかりチェックしましょう。

各スペック

ここからは各モデルの詳細スペックを紹介していきます。

G430 MAX

*ヘッド素材 FORGED T9S+チタン(フェース) / 811チタン(ボディ/クラウン)

*レフティクラブもあります

バックウエイトでドロー・フェードの調整が可能となっています。

G430 MAX
ロフト角(度) 9 10.5 12
ヘッド体積(CC) 460
ライ角(度) 59.5
総重量(g)・バランス 約302・D2(ALTA J CB BLACK・SR・45.75インチ)

G430 SFT

*ヘッド素材 FORGED T9S+チタン(フェース) / 811チタン(ボディ/クラウン)

*レフティクラブもあります

バックウエイトでドローの度合いを調整することができます。

G430 FST
ロフト角(度) 10.5
ヘッド体積(CC) 460
ライ角(度) 59.5
総重量(g)・バランス 約293・D0(ALTA J CB BLACK・R・45.75インチ)

G430 LST

*ヘッド素材 FORGED T9S+チタン(フェース) / 811チタン(ボディ) / カーボン(クラウン)

*レフティ用もあります

G430シリーズで唯一クラウンの素材にカーボンが使われています。

G430 LST
ロフト角(度) 9 10.5
ヘッド体積(CC) 440
ライ角(度) 58
総重量(g)・バランス 約309・D3(ALTA J CB BLACK・S・45.75インチ)

シャフト

シャフトは全部で3種類あります。

  1. 日本専用 ALTA J CB BLACK
  2. しっかり叩ける PING TOUR 2.0 CHROME
  3. ツアープロ向け PING TOUR 2.0 BLACK

こちらがスペックです。

シャフト名 ➀ALTA J CBBLACK ➁CHROME 65 ➁CHROME 75 ➂BLACK 65 ➂BLACK 75
素材 カーボン カーボン カーボン カーボン カーボン
標準クラブ長(inch) 45.75 45.25 45.25 45.25 45.25
フレックス R SR S R S X R S X S X S X
重量(g) 49 53 58 55 60 65 67 69 72 59 65 73 76
トルク(度) 5.3 5.2 5 4.4 4.2 3.8 3.7 3.3 3.2 3.8 3.5 3.2 2.9
キックポイント 中先 中元 中元 中元 中元 中元 手元 中元 手元

ツイッターの評判とまとめ

ここからは実際にG430シリーズのドライバーを売った方々の評価や評判をまとめています。

客観的な意見が集まっていますので、購入の参考になると思います。

ちなみにツイッターでG430の評判を検索しております。

〇打感と見た目がいい

〇優しくて打音がいい

〇球が上がりにくい

〇G430 LST ヘッドの色に違和感がある

〇意外と飛ばな、、、

〇やさしくて飛ぶ

まとめ

ピンの新作ドライバーG430シリーズについて紹介してきました。

人によって飛ぶ・飛ばないなど少し差はありますが、打感は以前のモデルよりかなり改善されているのがプラスポイントになるでしょうか。

とはいえ、ツイッターでも多少話題になってましたが、ネックなのは値段の高さですね。

円安の影響もあり、過去モデルより20~30%値上がりしております。
(なかなか手が出せないレベルになってきておりますが、今後も円安は続いていくんでしょうか、、、)

ですので、あまり衝動買いせずに慎重にスペックや打った感触、出球のデータなどをチェックすることをおすすめします。

私はいったんクラブをレンタルしてラウンドで使ってみようと思います。