いまさら聞けない【打ちっぱなし】の基本的なシステムや料金の話

私がゴルフを始めたのは父親の影響でしたが、皆さんはどういった理由で始めるのが多いのでしょうか。

知り合いに勧められたり、仕事関係の付き合いで始めたり、私のように親の影響で始めたり、、、といろんなパターンがありますよね。

FOLGで独自にとった500人のアンケートでは友達に勧められて始めた人が全体の40%、仕事関係の付き合いで始めた人が全体の35%という結果がでました。

そんな感じで全体の8割程度は誰かに誘われてゴルフを始めることになるため、意外とゴルフ練習場の仕組みをわかっていない方も多いかもしれませんよね。

そういった方のためにこの記事では、打ちっぱなし・ゴルフ練習場の仕組みやシステムを解説していきます。

打ちっぱなし

あらめてですが、ゴルフには専用の練習場(いわゆる打ちっぱなし)があります。

当たり前ですが、ボールを遠くへ飛ばすスポーツなので自宅の庭や近所の公園などでホイホイ練習するわけにはいきません。

ちなみにゴルフ練習場には実は何種類か存在しますが、そのなかでも一番有名なドライビングレンジをこれから説明していきます。
(ドライビングレンジ以外にはパターやアプローチができるところ、ラウンドの練習ができるところなどがあります)

というより、このドライビング=打ちっぱなしとなります。

ドライビングレンジとは?

ドライビングレンジは広大なスペースにアイアンやウッドなどで実際に打球を打てる練習場のことです。

画像のものは海外に多いオープンなドライビングレンジですが、日本の場合はネットに覆われているバッティングセンターの大きい版みたいな練習場がほとんどになります。
*これとは全く別に室内でシミュレーターを使用したゴルフ練習場もありますが、まだまだ屋外の練習場の方が数は多いですね。

練習場の面積は場所によってバラバラですが、大きいと250ヤードや300ヤード近く飛ばせる打ちっぱなしも存在します。

都会の方では場所を大きく取れないため、150ヤードくらいでネットに到達したりする練習場もあります。

打ちっぱなしでは指定の打席から、自分のペースでショットの練習をすることができます。

周りに練習している方もおられるのでマナーをしっかり守る必要はありますが、基本的には自由に練習して問題ありません。

ただし、練習していないのに長時間打席を確保するのはよくありませんので注意しましょう。
(打席には限りがありますし、混雑時は周りに迷惑がかかってしまいます)

料金

打ちっぱなしの代金は場所によって様々です。

また、システム的に「貸し球制」か「時間制」に分かれていることが多いです。

貸球は単純に1球5円とか10円とか、時間の場合は1時間打ち放題で1000円とか、そういう形でゴルフ練習場にお金を払います。

どちらがいいのかは人それぞれですし、練習したい打球数によってコストパフォーマンスが変わってきます。

少ない打球でいいのなら貸し球、いっぱい練習したいなら時間制がおすすめですね。

ちなみに貸し玉制の練習場ではプリペイドカードを発行していることが多いです。

相場の違い

ゴルフ練習場にも相場があります。

練習費用の違いは、

  • ゴルフボールの質(これにも種類があります)
  • 設備の違い
  • 練習場のキレイさや広さ

などが関係してきます。

ちなみに練習場の場所によっては入場料を取られる場合もありますので、その点は注意しましょう。

私自身はあまり汚い練習場に行きたくないので、単価が高いところに通っています。
(1球10円です)

まあ、私はそんなに多くボールを打つわけではありませんし、予算に余裕がある方は費用がある程度高めの打ちっぱなしの方がおすすめですね。

田舎と都会

当たり前ですが、練習場が都会にあるのか?田舎にあるのか?でかなり相場が変わってきます。

田舎だと10円/球で高い部類になりますが、東京などの都心ではかなり安い部類になります。

必ずしも値段だけで練習場を決めるべきではないと思いますが、できれば料金の調査もかねていろんな練習場に行かれることをおすすめします。

練習場の設備だったり、雰囲気だったり、または客層なんかも重要だったりしますから、できるだけいろんな練習場を試してみましょう。

構造

ゴルフ練習場の設備も場所によっていろいろあります。

一番の違いはゴルフボールが自動で出てくるか?自分でかごに入れて取りに行くか?という部分です。

下に貼っている動画の内容は全く関係ありませんが、自動でボールが出てくるタイプがイメージしやすいと思います。

⇒自動で出てくるバージョン

ちなみに自動で出てくる方が料金は割高ですし、良いボールを使っている傾向が高いです。

まとめ

そんなわけでいまさら聞けない打ちっぱなしの仕組みや料金システムを解説してきました。

この記事では一般的な打ちっぱなしの話をしましたが、練習場の場所や地域によって細かい部分が結構違ってきます。

ですので、よくわからない場合は練習場のスタッフさんに確認するようにしましょう。

練習場でもゴルフ場みたいなメンバー制(会員制)を導入しているところもありますし、ゴルフ場に練習場が併設されている場合もあります。

場所によって様々な特色がありますので、いろんな練習場に行ってみることをおすすめします。