ヤマハ インプレス DRIVE STAR ドライバーの特徴・評価・スペック

日本のゴルフメーカーヤマハから新作のDRIVE STARシリーズが2022年10月下旬より発売されます。

ヤマハはアマチュアゴルファーにショットの優しさを追求するメーカーですし、飛び系アイアンのパイオニア的存在であります。

非常に注目度が高いクラブですので、この機会に是非チェックしましょう。

この記事はインプレス DRIVE STAR ドライバーの紹介となります。

DRIVE STAR ドライバーの特徴とスペック

ドライブスタードライバーの特徴は

  • ブーストボックス
  • 打点の科学
  • カウンターウエイトシステム
  • 「イイ顔」

となります。

特徴

ブーストボックスはヤマハ独自のボール初速アップのテクノロジーとなります。

フェース面周辺の構造を改良し、ボールとのインパクト時の無駄な振動を抑えることにより、効率的にスイングのエネルギーをボールに伝えることができるようになっています。

特徴の2つ目はドライバーが最も飛ぶと言われている「フェース中央の少し上の部分」に打点が合いやすいように、フェースやクラウンの形状を設計したことにあります。

カウンターウエイトは横方向の慣性モーメントを最大化するために、ヘッドの重心点を中心にトー側・ヒール側・バック側にウエイトを配置しています。

これにより、横方向の慣性モーメントを最大化することができ、高い直進性を誇ることになりました。

最後の「イイ顔」はアドレスしたときのフェース面の合わせやすさや見た目のカッコよさを表しています。

たしかにこのドライブスタードライバーはとてもシャープで見た目がかっこいいですね。

スペック

ドライブスタードライバーのスペックはこちらです。

ロフト 9.5 10.5 10.5 10.5 11.5
フレックス S R SR S R
ライ角 59 59 59 59 59
長さ 45.5 45.5 45.5 45.5 45.5
総重量 296 284 284 296 279
シャフト重量 58 45.5 51.5 58 45.5
バランス D5 D5 D5 D5 D5
トルク 5.5 5.5 5.5 5.5 5.5
キックポイント 中調子 中調子 中調子 中調子 中調子

*ヘッドの体積は460cc
*横慣性モーメント5,570(g・cm²)
*6-4チタン精密鋳造ボディ、カーボンクラウン
*シャフト・・・SPEEDER NX for Yamaha M423d
*グリップ・・・S:ラムキンクロスライン< Y23GC4060 >40g/M60相当/BLあり/ロゴ無し
        SR・R:ラムキンクロスライン< Y23GC3560 >35g/M60相当/BLあり/ロゴ無し

ロフトは9.5~11.5°の範囲で選べます。

シャフトのフレックスはR~Sまで選択できますが、対応しているのはロフトが10.5のドライバーになっています。

基本のロフトは10.5°でシャフトを選択していく感じですね。

評価とまとめ

実際にドライブスターを試打している動画などをチェックしたので、その情報を共有したいと思います。

ドライブスターの特徴であるブーストボックスがすごいのか、インパクト後のボール初速が速く、出球がとても強い印象があります。

球が最後まで伸びますし、風に負けない強い球を打つことができますね。

ドライバーショットがフェースの下側に当たってしまうクセがある人はこのドライバーが非常におすすめだとおもいます。

「打点の科学」で説明したフェースとクラウンの構造により、フェースの上側にヒットしやすいようになっているからですね。

打点が改善されるとスピン量が劇的に変化するので、おそらく飛距離が一気に伸びると思います。

球が吹き上がって全然飛ばない人やボールのスピン量がとても多い人はぜひ一度試打した方がいいですね。

捕まりに関してはそこまで強くない印象ですが、とにかく直進性はトップレベルに高いと思います。

シャフト的にハードヒッターが叩けるクラブではありませんが、アベレージヒッターにとってはかなりラクに簡単にショットできるいいドライバーですね。

インプレス ドライブスタードライバー

メーカー ロフト シャフト
ヤマハ 9.5/10.5/11.5 SPEEDER NX for Yamaha M423d
ヘッド体積 クラブ重量 長さ
460cc 約279~296g 45.5インチ