ギア効果がバックスピンやサイドスピンに与える影響

ゴルフボールの回転は非常に複雑であり、初心者ゴルファーが曲がり方をいきなり理解するのは難しかったりします。

ちなみに過去記事では”スイング軌道とフェース面の関係によるボールの曲がり方”を解説しました。

実はその時にあまり触れていなかったのですが、ゴルフボールの回転にはギア効果というものも大きく関係してきます。

この記事ではギア効果の原理やギア効果がボールの回転にどのような影響を与えるのか?を解説しています。

ギア効果の原理

まずはギア効果がどういった原理で起こるのか?を解説していきます。

フェース面はこのようにど真ん中の芯を基準にトー側とヒール側に分かれます。

クラブの重心である芯にボールがインパクトした場合はギア効果は発生しませんが、芯以外の場所にインパクトすると必ず何かしらギア効果が発生します。



ゴルフボールとクラブフェース面が接触すると、必ずそれらの間に摩擦が発生します。

この摩擦がボールの回転方向を決めており、いわゆるスピン量やサイドスピン量が決まってくるわけです。

ギア効果は”フェース面のどの部分にボールが当たるか”でこのスピン量やサイドスピン量に変化が現れる現象になります。

例えば、ボールがフェース面のトー側にインパクトした時を考えてみます。

クラブの重心からずれているトー側にボールがインパクトした場合、ボールと衝突した衝撃で少なからずクラブが赤矢印の方向に押されます

ヘッドが動くときにボールとの間で摩擦が起こり、この場合はボールにフック回転がかかることになります。

ボールがぶつかった方向にヘッドが動かされるわけですが、芯からの距離が遠くなるほどよりヘッドが動かされる量が多くなります。

そして、ヘッドが動く量に比例して摩擦は大きくなり、サイドスピンやバックスピン量に増えたり減ったりするわけです。

このギア効果はトー側のみならず、フェース面のヒール側や上側・下側にボールがインパクトした時も、同様のズレと摩擦が起こります。

ギア効果によるボールの回転

ギア効果がボールの回転に与える影響はこのようになります。

フェース面の

  • トー側 ・・・フック回転
  • ヒール側・・・スライス回転
  • 上側  ・・・バックスピンが減る
  • 下側  ・・・バックスピンが増える

となります。

先ほども説明しましたが、フェース面の芯に近いほうがギア効果の影響が少なくなりますし、芯から離れるとよりギア効果の影響が大きくなります。

やはり、ギア効果の面から考えても、できるだけボールはフェース面の芯でとらえる方がミスショットになる確率が低くなるということですね。

ちなみに

黄色い丸の「ヒール側でフェース面の下側」にインパクトしてしまうと、「スライス回転+バックスピン増」でボールが吹き上がってしまい全然飛びません

逆に赤い丸の芯からちょっとズレた「トー側+上側」だと、「ドロー回転+バックスピン減」で意外と飛距離が出ることが多いです。

「ドライバーで芯にとらえた感触はなかったのに、行ってみたら意外と飛んでた」みたいな現象は、だいたいこの部分にヒットしていることが多いですね。



ところで、プロゴルファーやゴルフがうまい人の中には”意図的にギア効果を利用して、ボールの曲がりをコントロールする”方もおられます。

アマチュアゴルファーにとっては打点のコントールがシビアなので推奨できませんが、スイングや打点コントロールに自信がある場合は挑戦してみるのもアリだと思います。

まとめ

これまでギア効果の原理と回転方向について解説してきました。

正直、ギア効果の原理は理解が難しいと思いますので、”フェース面のどの部分に当たれば、どういう回転をするか?”ということだけ、覚えてもらえば大丈夫です。

ギア効果を覚えることができれば、ゴルフの練習などでインパクトしたボールがフェース面のどの部分に当たったか?を気にするようになります

例えば、ヒール側にボールがインパクトしてスライスした場合は、打点がズレていただけですので、次のスイングで芯に当たるように打点の修正を意識すればいいようになります。

これを理解せずにスイングの軌道を修正しようとすると、いよいよスイングが崩れていきます

皆さんはそうならないように注意しましょう。

ご参考になれば幸いです。