カートナビがあるのにGPSナビやレーザー距離計は持っておいた方がいいのか?

最近のゴルフ場ではカートにタブレット端末が設置されており、新しいタイプのものであればコース情報やスコアの登録、グリーンの傾斜などを確認することができます。

数年ほど前からこのようなタブレットを設置するゴルフ場が増えていった印象がありますが、安価で高性能なタブレットが増えていったことが大きな要因だと思います。

コースマップやピンまでの距離、ピンの位置などカートに乗っている間にいろいろチェックできるのは非常に便利です。

ひとつ前の組のカート位置もヤードで表示されますので、ブラインドホールの打ち込み防止にもかなり役に立っています

また、自分や同伴者のスコアも合わせて登録・記録できることもかなりのメリットです。

コンペなど複数組で回るときなどではグループ単位でスコアを共有できるため、自分のスコアがどの順位にいるのか?などをチェックすることもできます。

このカートナビがあれば、ゴルフショップで売っているGPSナビやレーザー距離計は必要ないように思うかもしれません。

しかしながら、それでもGPSナビやレーザー距離計の計測器は持っておくべきだと私は考えております。

実際に私はカートナビもチェックしますし、手持ちのレーザー距離計でもコースをチェックしています。

カートナビの限界

カートナビがあるのに、レーザー距離計を持っている理由は簡単で、「カートがある位置からしか正確な距離を把握することができない」からです。

どれだけ自分のゴルフボールと近い位置にカートがあったとしても、数ヤードは絶対にずれてしまいますし、ひどいときには十数ヤードずれていることもよくあります。

これがわかるのはいつもカートのヤード表示とレーザー距離計の測定結果を比較しているからにほかなりません。

一応カートナビによっては地点計測できるものもあるのですが、コースの地図も細かく正確なものではありませんので、地点を指定するときにズレが生じる可能性が大きくなります。

要するに

〇カートナビの数値はおおよその距離を把握するもの

〇自分のボールからピンまでの距離を正確に測ることはできない

ということを認識した方がいいです。

十数ヤード変わると、番手の選択も大きく変わってきますし、100ヤード以内のアプローチやショートゲームでは、数ヤードのズレで大きく距離感が変わってしまいます。

ゴルフ初心者の場合は縦距離を合わせるのがなかなか難しいこともありますので、たいした影響はないかもしれませんが、70台や80台を目指すゴルファーにとっては、この距離のズレが大きくスコアに影響してしまいます。

カートナビがないゴルフ場もある

カートナビを設置しているゴルフ場がどんどん増えてきていますが、それでもまだすべてのゴルフ場がカートナビを採用しているわけではありません

いまだに紙のコースガイドを採用しるところもありますし、そういったゴルフ場ではヤード杭ぐらいしか距離を把握するすべはありません

カートナビがしっかり設置されているゴルフ場ばかりをラウンドしていれば、計測器を持っていなくても何とかなるかもしれませんが、その代わりラウンドできるゴルフ場が限定されることになります。

ゴルフは付き合いで行くことも多いですし、知らないゴルフ場を発掘していくのも楽しみ方の一つです。

そのような初めてのゴルフ場ではGPSナビやレーザー距離計などの計測器があった方が心強いと思いますね。

まとめ

カートナビはとても便利なシロモノですが、ゴルフコースすべての情報をカバーすることはできません。

コース情報は自分のスコアに直結するものですので、自分のベストスコアや平均スコアを伸ばしたい場合は、別途GPSナビやレーザー距離計などの計測器を持っておくことをおすすめいたします。

レーザー距離計に関してはこちらの記事で特徴や機能を解説しております。

ご参考になれば幸いです。