パターヘッドの種類やそれぞれの特徴~L字・ピン・マレット・ネオマレット~

パターはグリーン上でボールを転がすために使う非常にシンプルなクラブです。

しかしながら、パッティングというものがかなりシビアなものになりますので、パターにこだわるゴルファーは世の中にたくさんいます。

〇簡単に転がってくれるパター

〇逆に転がりすぎないパター

〇まっすぐ転がしやすいパター

など、ゴルファーの要望に応えるようにいろんなメーカーがいろんな種類のパターを開発してきました。

その中でもゴルフ初心者が覚えておいた方がいいパターの種類をこれから紹介していきます。

パターの種類

パターにはいろんな形のものがありますが、ヘッドの形状により大まかに分類できるのは以下の4つになります。

  • L字型
  • ピン型
  • マレット型
  • ネオマレット型

となります。

L字型


L字型のパターは歴史的に初期モデルの位置づけとなります。

パターの構造自体がアイアンに近いタイプのものを指しており、アプローチやショットに近い感覚でパッティングを行うことができます。

L字型パターの特徴は

  • ネックがまっすぐ
  • アイアンと同じなので構えやすい
  • 芯は狭いが、芯にボールを当てやすい
  • 芯を外した時の転がりにムラが出やすい
  • ラインがとりやすい

などです。

基本的にストロークはワイパー(弧を描く)で打つのが良いとされています。

ゴルフ初心者はそもそもまっすぐボールを転がすことが難しいことから、ある程度ゴルフ経験のある上級者が使うことが多くなっています。

ピン型


ピン型はゴルフメーカーの名前がそのままパターの名前になったクラブです。

L字型のパターが難しい人向けに開発されたタイプのパターです。

L字型より一般的に優しいピン型の特徴は

  • L字型よりトゥーとヒール側が少し重たい
  • ネックは少し湾曲している(捕まりがよくなる)
  • 慣性モーメントが大きい
  • 芯を外した時のムラが少ない

などです。

ここでいう慣性モーメントによって、ストロークの際のヘッドのブレにくさが変わってきます。

そして、基本的にストロークはL字型より緩やかなアークを描くのが一般的です。

個人的にはこのピン型のパターが一番打ちやすいですね。

マレット・ネオマレット


L字型⇒ピン型⇒マレット型という風にパターは進化してきました。

ピン型よりももっと優しくできないか?ということで生まれたのがマレット型のパターになります。

ネオマレット型はマレット型の進化版ですが、一番の違いはヘッドの大きさです。

マレット型やネオマレット型の特徴は

  • ヘッドが大きくラインが引いてある(真っすぐを意識しやすい)
  • ピン型より慣性モーメントが大きい
  • ヘッドが重たいので転がりがよい

などがあります。

ストロークはストレートに打つのが基本となります。

大きい慣性モーメントによってフェイス面のズレが抑えられますし、ホントに真っすぐを意識して打てるのがこのパターのメリットです。

「まっすぐ引いてまっすぐ打つ」っていうのが、初心者にもわかりやすいですし、おすすめのパターになります。

ただ、僕自身は”転がりすぎる”のが嫌なので、マレット型は基本的に使いません。

まとめ

これまで異なるタイプのパターを紹介してきましたが、「パターの進化に合わせてどんどんヘッドが大きくなっていった」というのが大まかな流れとなっています。

ヘッドの形状以外にもシャフトとヘッドのつなぎ目のグース(湾曲)だったり、フェイス面の加工だったり、またはユニークな発想から生まれたパターなどもありますので、パターの世界は非常に奥深いです。

これは初心者や上級者に関係なく言えることですが、パッティングには指や手の感覚が非常に大事ですので、いろんなヘッドのパターを試してみましょう。

また、新しいタイプのパターだから優れていたり、自分に合うとは限りませんので、中古品なども視野に入れると選択の幅が広がると思います。

ちなみに私は中古品のパターを愛用しています。

最後に有名なパターをいくつか紹介しておきますので、気になる場合はチェックしてみてください。

人気のパター

SPIDERXパター

ネオマレット型のパターになります。ヘッドのセンターにラインが引いてあり、フェース面のアライメント(方向)がとりやすいです。マキロイなどのUSPGA(アメリカのプロゴルフツアー)で活躍している選手も愛用するパターですので、持っていると非常におしゃれですね。

メーカー 長さ(インチ) ロフト角/ライ角(°)
テイラーメイド 33
34
3/70

PIN ANSER2パター

ピンの代名詞となっているピンタイプのパターです。個人的にはピンタイプのパターを使うなら、このメーカーの商品をおすすめします。ANSERとANSER2では基本的な性能は同じですが、ヘッドの見た目が若干違いますので、自分が構えやすいタイプの方を選びましょう。

メーカー 長さ(インチ) ロフト角/ライ角(°)
ピン ADJ(長さ調節可能) 3/70

オデッセイ WHITE HOT OG

インサート(フェース面のギザギザ)に特徴があるパターになっています。ボールのカバーと同じ素材を使うことによって、非常にソフトな打感を実現しています。そのため、いつもパットがショートしてしまう方におススメですね。パタータイプはマレットとなっています。ラインが3本ありますので、目標とのアライメントがとりやすいパターになっています。

メーカー 長さ(インチ) ロフト角/ライ角(°)
キャロウェイ 33インチ
34インチ
3/70

ご参考になれば幸いです。