レーザー距離計の特徴や機能、選び方について

ある程度ゴルフをされている人なら一度は気になったことがあるレーザー距離計の特徴や機能、選び方の解説をしていきます。

レーザー距離計はラウンドするうえで非常に便利なアイテムですし、スコアをそこまで気にしないエンジョイゴルファーであっても1台は持っておきたいアイテムと言えます。

ゴルフコースには50ヤード刻み(100・150・200など)でグリーンセンターかエッジまでの距離が表示されていることが多いですが、やはりピンまでの正確な距離を知るためにレーザー距離計の右に出るものはいません。

この記事ではレーザー距離計の特徴や機能について解説していきます。

レーザー距離計の特徴やメリット

目標物に向かって2種類のレーザーを照射し、照射してから手元まで戻ってくる時間によって距離を測っているのがレーザー距離計の特徴になります。
*ちなみにレーザー距離計はレンジファインダーと呼ばれることもあります。

コースマップや距離を測るのによく使われるGPSナビは衛星を利用していますが、レーザー距離計はレーザーの反射を利用しています。

ちなみに私はレーザー距離計の方をよく使っています。

一時期ポータブルタイプのゴルフGPSナビも使っていましたが、測定誤差が気になってレーザー距離計の方に変更しました。

最近ではコースマップもカートのナビに表示されていることが多くなってきましたので、昔ほどGPSナビに頼る必要もなくなって期待がしますね。

レーザー距離計のメリットは何といっても測定距離の”正確性”です。

というより、正確に距離が測られないレーザー距離計はまったく役に立ちませんので、そういったまがい物を掴まないように注意しましょう。

レーザー距離計は自分の気になるところをどこでも計測することができます。

意外とOBゾーンまでの距離を測ったりすることも多いですので、いろんなシチュエーションに対応できるのがレーザー距離計の最大の特徴になりますね。

スロープレーの改善

こういう使い方をしている人をあまり見ませんが、私がおススメしたいのは”前の組でプレーしている人までの距離を測る”ことです。

特にパー5なんかはセカンドショットで待つことが多いですから、このレーザー距離計が重宝します。

目視だと目の錯覚とかありますので慎重になりますが、しっかりとした測定値だったら安心してショットを打つことができます。

はたから見ると「絶対に届かないのに無駄にショットを待っている」という状態をぜひ無くすようにしたいものです。

使い方やシチュエーション

また、レーザー距離計はピンやグリーンまでの距離はもちろん、左右のOBまで距離や池までの距離などをしっかり数値で把握することができます。

GPSナビでも池までの距離はでますが、左右に見えるOB杭までの直線距離はさすがに教えてくれません。

スコアマネジメントにおいては”ミスった時にどの距離以上飛ばしてはいけないのか?”という視点がものすごく大事です。

ティーショットで左や右に曲げたときに「何ヤード以上飛ぶとOBになるのか?」を”知っている”か”知っていないか”では、その時に持つ番手も変わってきます。

ゴルフはミスしないように技術を磨いていくスポーツですが、それでも”ミスした時の影響を最大限に抑える”ことの方がもっと大事です。

レーザー距離計の種類

レーザー距離計は性能がシンプルなんですが、その中でもいくつか機能的に分類できるものがあります。

特に注意したい機能性が

  • 高低差補正があるか
  • ピンシーク機能があるか
  • 手振れ補正があるか
  • 防水性能
  • 最大レンジ

などになります。

高低差補正

ゴルフコースは平たんではなく、上っていたり、下っていたりします。

最低限の機能しかないレーザー距離計では”直線距離”のみを測定しますが、いいものは高低差の補正をして打つべき距離を教えてくれる機能がついています。

基本的に打ち上げの場合ではピンまでの直線距離より”遠く飛ばす”必要がありますし、打ち下ろしの場合は逆になります。

これはショットの弾道が放物線を描いており、ボールがどの地点で着地するか?で飛距離が大きく変化することが関係しています。

まあ、高低差補正はあくまで計算値でありますし、”絶対的に正しいものであるわけではない”んですが、それでも目標までの直線距離よりかは真実に近いのは間違いありません。

ピンシーク機能

ピンシークとかピンシーカーとか、メーカーによって言い方は違いますが、要するに「手前にある目標物を優先的に測定する機能」になります。

だいたいのレーザー距離計を使っているユーザーがイライラするポイントがピンを測ろうと思ったのに、奥の林を測定してしまうことだと思います。

これを解消するために開発されたのがピンシーク機能ですね。

最近のレーザー距離計にはこの機能がついているタイプが増えてきています。

個人的にはこの機能があるかどうかが一番重要だと思っています。

手振れ補正

手振れ補正はカメラで有名な機能になります。

レーザー距離計とは相性が悪く、この機能を備えているレーザー距離計はあまり見たことがありませんね。

文字通りに手振れ補正は「手振れなどで細かく振動する動きをなかったことのように補正する」機能になります。

そのため、たびたびピントがロックします。

正直、この機能がうれしいかどうかは人によると思います。

レーザー距離計も使い慣れてくるとブレが少なくなりますし、先ほどのピンシーク機能もありますから、人によってはピントロックが邪魔になったりします。

防水性能

レーザー距離計も電化製品ですので防水対策は重要です。
(水が機内に侵入して故障したりしますから)

とはいえ、レーザー距離計は雨が降っている状態だと正確に測定することが難しくなりますので、実際はそこまで高い防水性能が必要になるわけではありません。
*雨の測定に弱いのがレーザー距離計のデメリットですね。

最低限、IPの規格を取っている商品であれば大丈夫だと思います。
(雨程度ならIPX4以上あれば大丈夫です。数字が上がる方が防水性能が上がります。)

最大レンジ

レーザー距離計を選ぶときに意外と重要になるのが、この最大レンジ(最大測定距離)ですね。

性能差がどうとかいうわけではなく、価格(コスト)に直結するからです。

最大レンジが遠いに越したことはありませんが、正直500yd以上あってもあまり意味がありません。

なぜなら、ゴルファーが測定する最大距離が300yd以下だからですね。
(400ydを測定するのは趣味の世界です)

それなのに最大レンジが1500ydの測定器を持つ必要があるのか?

大体のゴルファーはいらないと答えますよね。

ちなみに最大レンジが”660yd”と”1300yd”では仕入れの値段が1.5倍ぐらい違います

数字の大きさに騙されて、高い商品を買わないように注意しましょう。

レーザー距離計の選び方

これまでレーザー距離計の機能や特徴について解説してきました。

レーザー距離計を選ぶ際は

  • 高低差補正
  • ピンシーク機能
  • 手振れ補正

をまずチェックしましょう。

ちなみに、高低差補正がいらず、直線距離だけ計測できればいいのであれば、レーザー距離計の値段をかなり抑えることができます。

そのため、レーザー距離計に慣れるために安いところから攻めるのも全然アリだと思います。

レーザー距離計をがっつり使いこなすつもりであれば、高低差補正がしっかりついているレーザー距離計をチョイスしましょう。

その時はピンシーク機能がついているか必ずチェックしてください。

手振れ補正は好みの問題ですが、ご年配のゴルファーには人気がありますね。

それ以外では無駄に最大レンジが大きいレーザー距離計を選ばないように注意しましょう。

実は最大レンジが大きくとなると若干測定誤差も大きくなる傾向がありますので、ほんとにおすすめできません。

どうしても「1000ヤード先を測定したいんだ!」という方以外は、最大レンジが600~700ヤードぐらいのレーザー距離計で十分です。

いちいち比較して検討するのが面倒な場合は、無難に有名メーカーのレーザー距離計をチョイスすればいいと思います。

レーザー距離計ではニコンとブシュネルが有名ですので、どちらかのレーザー距離計を選んでいれば失敗する可能性はかなり下がると思います。

ちなみにおすすめのレーザー距離計はこちらになります。

クールショットプロ

COOLSHOT PROII STABILIZED

私も普段使っているものです。レーザー距離計の定番といえば、このニコンのクールショットシリーズになります。中でも”STABILIZED”は手振れ補正という意味で、遠くの小さいピンにも手振れのストレスなく測定することができます。また、測定スピードが歴代最強なのでこれ以外の距離計を使うとかなり遅く感じてしまいます。値段が高いのと、手振れ補正がある分カクツキがあるのですが、それが気にならない方は絶対にこれを買った方がいいですね。

ブランド 型式 価格
ニコン クールショット LCSPRO2 オープンプライス(5万円程度)

ピンシーカー

ピンシーカー ツアー V5 シフト スリムジョルト

アメリカや海外で有名なのがブシュネルのレーザー距離計になります。特徴としては名前にもあるとおりピンシーカー機能がついていることです。通常の測定器はピンの奥に木や林があると、その木や林までの距離を測ってしまうことが多いです。また、木や林がピンの邪魔をして測定しにくいといったストレスもあります。ピンシーカーはそういったときに”優先的に手前の目標物を測定する”機能になります。こちらより安いものにも同じ機能がついていたりしますが、本家はブシュネルのものになります。やっぱりその部分でも性能差がありますね。

ブランド 型式 価格
ブシュネル TV5SS オープンプライス(5万5千円程度)



ご参考になれば幸いです。