ゴルフグローブの選び方~種類や素材、防水グローブについて~

ゴルフ初心者向けにゴルフアイテムに関する情報をお届けしています。

今回はゴルファーが良く身に着ける手袋(グローブ)に関する知識を紹介していきます。

何気なく利き手と逆方向につけているグローブですが、実は現在のクラブでは「グローブをつけなくても」グリップが滑らないように進化しています。

実際にプロゴルファーの堀川未来夢さんなんかはグローブを着用しないでプレーすることで有名です。

グローブを着用するようになった由来には諸説ありますが、いつのまにかグローブを着用していて、今となっては「グローブがないと気持ち悪い」という人がほとんどではないでしょうか?

ゴルフ用の手袋

ゴルフグローブの役割としては

  • 手の平や指のマメ防止
  • 冬場の防寒

と言ったところになります。

肝心のグリップ力に関しては「グローブの状態」よりも、グリップそのものの状態の方が影響が大きくなりますので、グリップをチェックするほうがとても大事です。

ですので、ゴルフ用グローブに関しては着け心地がいいものやぴったりサイズが合うものをチョイスされることをおすすめします。

素材

グローブの素材にもさまざまあり、それぞれの素材で特徴があります。

基本的な素材としては

  • 天然皮革
  • 人工皮革
  • 合皮

となります。

天然皮革

天然皮革は文字通り、動物の革を使った素材になります。

生産量に限りがあるため、他の素材に比べると高価であることが多いです。

人工皮革に比べると素材が柔らかいのが特徴となりますが、雨などで濡れてしまうとすぐに劣化してしまいますし、破れやすくなるのが欠点となります。

そのため、防水加工されていない天然皮革を使う場合は注意が必要です。

人工皮革

人工皮革は天然皮革と違い、人工物で構成された比較になります。

ナイロンやポリエステル繊維をベースに表面を樹脂で加工しています。

天然皮革に比べると耐久性が高く伸縮性も優れています。

昔は革が硬い印象でしたが、最近のものは天然皮革に近い柔らかさになっています。

合皮

人工皮革と同じ原料で構成された人工物となりますが、製造方法が異なるため、合皮という分類にされています。

天然皮革や人工皮革より安価であり、加工もしやすいことから流通量が多いのが特徴です。

おそらく一番使うことが多いグローブだと思いますが、球数が多くなる練習用のクローブとしては十分なシロモノです。

防水グローブ

雨の日のラウンドは極力避けたいものですが、コンペなどでどうしても参加しなければならない場合もあります。

そういったときに普通のグローブでそのままプレーしていてはいずれ濡れてグリップが滑るようになります。

グリップが滑るとショットのコントロールが非常に困難になるため、できる限りそういった状況は避けるべきであります。

ゴルフグローブも技術の発達により、水滴がついてもグリップ力が落ちない防水グローブが登場するようになりました。

この防水グローブは密閉性が高いので、冬場の防寒用グローブとして使うこともできます。

気になる場合は一度チェックしてみましょう。

楽天で探す

まとめ

これまでグローブの特徴や素材についてまとめてきました。

グローブは指や手の感覚に関係してきますので、いろんな素材のグローブを試しながら自分に合うものをチョイスしていきましょう。

また、グローブはあくまで消耗品になりますので、あまりケチって古いグローブを使い続けないようにしましょう。

グリップが滑りやすくなってマメがいっぱいできたり、ショットに影響を与える場合があります。
(もちろんグリップ交換も大切です)

個人的なおすすめグローブは人工皮革のタイプですが、初心者でコストを抑えたい場合は合皮のグローブがおすすめですね。

天然皮革は素材がすごく柔らかいので着けてて気持ちいいですが、雨や汗で濡れたりするとすぐパリパリになってしまうのが難点ですね。
(まあ、それでも天然皮革が好きな人はそんなこと関係ないんでしょうが)

ご参考になれば幸いです。