ドライバーのヘッドがでかい理由【ゴルフ初心者講座 クラブ・ギア編】

ドライバーに関する初心者向けの情報を連載しています。

今回は特徴的であるドライバーの大きいヘッドに関する情報となります。

最初から記事を読みたい方はこちらからどうぞ。

ドライバーのヘッドが大きい理由

まず、ドライバーヘッドの大きさはルール的に最大460ccまで容量を増やすことができます。
(とはいえ、最近販売されているドライバーの大半は460ccとなっていますが)

たまに少し小ぶりの435ccとかもありますが、それでも十分大きいヘッドになります。

参考までに3番ウッドが180~190ccとかなので、ドライバーのヘッドがどれだけ大きいかよくわかると思います。




ゴルフに慣れてくるとあまり気にならなくなりますが、ヘッドが大きければ大きいほど”スイングの安心感”が生まれてきます。

特に初心者の場合は長いドライバーでは空振りしやすいので、ヘッドが大きいに越したことはありません。

ちなみに昔に比べると今のドライバーヘッドはだいぶ大きくなっており、そういった意味でも初心者にはかなり優しくなりましたよね。

現状ルール的には460ccが上限となっていますが、先々では規制が緩和されもっと大きいヘッドのドライバーが出てくる可能性も否定できません。

慣性モーメント

また、ゴルファーへの安心感という点に加え、慣性モーメントを大きくするという目的もヘッドの大型化に関係してきます。

前回の記事ではドライバーはボールのコントロールが難しいと説明しました。

ボールコントロールが難しい=ヘッドのコントロールが難しい、ということになりますが、これを優しくしてくれるのが慣性モーメントの大きさです。

要するに、ドライバーヘッドの容量が大きいほど”慣性モーメント”という”クラブヘッドのブレにくさ”が大きくなります。

*ヘッドが大きいほど慣性の力(その方向に動き続けようとする力)が大きくなるわけですね。




ショット時のボールとドライバーヘッドの衝撃は瞬間的に1トン近くの力がかかっていると言われています。

また、ボールがヘッド(フェース面)のどの部分に当たったかによっても大きくヘッドがブレたりします。

人力だけでそれを完全に制御することはできませんので、できるだけ慣性モーメントを大きくし、ブレたときの影響を少なくしようとした結果、ヘッドが大型化していったという流れになります。

ヘッドの軽量化

普通に考えるとヘッドが大きくなればなるほどクラブ自体が重くなります。

クラブが重くなりすぎてしまうと、スイングスピードも出ないし、そもそもフルスイングできなくなります。

しかし、ヘッド部分の素材が発達したことにより大きい容量でも軽量なヘッドが作れるようになりました。

そのため、いろんなメーカーが大きい容量のドライバーを販売し、ユーザー側も大きいヘッドのドライバーを求めたため、より浸透していったということになりますね。

よりゴルフを簡単にするために、クラブメーカーの方々は努力と研究を重ねておられます。

ありがたい限りでございますよね。
(まあ、そのぶん値段は高いですけど)

まとめ

  • ヘッドが大きいほうが安心感がある
  • 慣性モーメントを最大化するためにヘッドが大きく進化していった
  • クラブメーカーの努力は偉大(値段が高いのにも納得すべし)