ゴルフトートバッグの使い方や選び方、大きさの違いについて

ゴルフラウンドするときにはクラブ以外にもいろんなアイテムを用意しなければなりません。

代表的なのがティーやグリーンフォーク、ボールなどの小物類になります。

また、夏場では日焼け止めが必要だったり、冬場では防寒グッズやカイロが必要ですし、最近ではスマートフォンも必須アイテムとなっています。

あれもこれもと準備していると、まあまあな荷物になってしまいますが、そんな時に便利なのがゴルフ用トートバッグ(カートバッグ)になります。


この記事ではゴルフ用トートバッグの使い方や選び方の解説をしています。

素材や種類、用途を知れば自分に合った最適なトートバッグが見つかるはずです。

一見シンプルな印象があるトートバッグですが、細かく見ていくといろんな種類が存在します。

もちろんトートバッグはゴルフ以外のファッションアイテムとして使えますので、デザインなどにもしっかりこだわりましょう。

ゴルフ用トートバッグ

実はゴルフ用のトートバッグと呼んでいますが、私が調べた範囲では明確に「こういう形があるのがゴルフ用トートバッグ」という定義はありませんでした。

とはいえ、ゴルフ用トートバッグに共通しているのが底の形状にあります。

厚手でかつ、自立できるタイプのトートバッグがゴルフ用で使われることが多くなっています。

そのため、メーカーなどに特にこだわりがなければ、普段使っている底が厚いトートバッグをゴルフ場にもっていくことも可能ですが、できれば同伴者などにチープなイメージを与えないようにゴルフブランドが出しているトートバッグを持参する方が無難だと思います。

ゴルフ用品はゴルフウェアとの相性もありますから、ゴルフ用にトートバッグを用意するのが個人的にはおすすめです。

大きさに注意

インターネットショッピングサイトなどで「ゴルフ用トートバッグ」と検索すると、大きいトートバッグと小さいトートバッグが同じ検索欄に表示されます。

特に画像だけでみると全部同じ大きさに見えますから、注意が必要です。

一応、値段が違うので間違うことは少ないと思いますが、”ボストンバッグに近いサイズの大きいトートバッグ”と”小物入れとして使う小さいサイズのトートバッグ”では、用途が全然違いますので、間違わないようにしたいところです。

そのため、しっかり商品詳細に書かれているサイズをチェックしましょう。

大きいトートバッグ(ロッカーバッグ)に必要なもの

大きいトートバッグに必要なものはシューズ入れと着替えを入れるスペース(容量)です。

基本的にゴルフ場までの行き帰りと、ゴルフ場に到着してからの着替えに使うのがロッカーバッグの役割になります。

普通のボストンバッグに飽きた方はこちらのトートバッグを使ってみるのもアリだと思います。

メンズ・レディース関係なく使用できるデザインも多いですからね。

素材はオーソドックスなポリエステル系や合皮(PUレザー)などが多い印象です。

本革などだとより値段が高くなります。

ゴルフシューズを入れるスペースがついているタイプのトートバッグもあります。

小さいトートバッグ(カートバッグ)

小さいトートバッグはラウンドに使う小物などを収納するのが役割となります。

キャディバッグにも小物は収納できますが、取り出すのが少々面倒ですし、新品のティーやボールはこの小さいトートバッグに入れておく方が何かと便利ですからね。

私の場合はレーザー距離計やメガネ、ティーケース、グローブなどを入れて使用しています。

電動カートのかごに置いておくことができますし、ほんとこの小さいトートバッグはラウンドにものすごく役立ちますね。

ただ、一つ注意したいのが、”カラスの襲来”です。

口が開いてる状態で置いてありますので、カラスに襲われるとだいたい何かしら持っていかれそうになります。

ですので、貴重品類(ケータイ・カギ・財布)はできるだけ手元に置いておくか、ゴルフ場の貴重品ロッカーを使用しましょう。


小さいトートバッグの素材は大きいもの同様にポリエステル系や合皮(PUレザー)などが多いですが、帆布のトートバッグも味があっておススメですね。

もともと収納の多さには限界がありますが、こまかいポケットなどがついていると小銭などを収納できて便利です。

また、夏場に嬉しい保冷機能がついたカートバッグもあります。

トートバッグに収納するもの

トートバッグに関する調査にてアマチュアゴルファー619人にトートバッグに収納するものをアンケート調査いたしました。

実際に使われている方の生のデータですので、トートバッグの使い方としては非常に参考になると思います。

アンケート項目は以下のようになります。

  1. ボール
  2. サングラス
  3. 日焼け止め
  4. 保湿クリーム
  5. リップ
  6. カイロ
  7. スマホ
  8. 歯磨きセット
  9. ペットボトル
  10. 眼鏡ケース
  11. 充電器
  12. タオル
  13. 水筒
  14. タバコ・アイコス
  15. カードケース
  16. キーケース
  17. マスク
  18. レーザー距離計・GPSナビ
  19. 手袋
  20. ティーなどの小物

アンケート結果がこちらになります。

数値は割合(%)となっています。

一番多いのがゴルフボール、2番目がスマートフォン、3番目に日焼け止め、4番目がタオルとなりました。

ラウンド用のトートバッグですので、ゴルフボールの予備を入れておくのは必須であると言えます。

ちなみに私はキャディバッグにもトートバッグにも予備のゴルフボールを入れています。

スマートフォンはトートバッグに収納している方も多いようです。
(私はラウンド中も常に持っています)

冬場のアンケートでしたが、日焼け止めが意外に多かったです。

回答していただいたゴルファーの半数が女性だったことも影響していると思います。

とはいえ、男性にも日焼け止めは必須のアイテムですね。

おすすめのトートバッグ

こちらでは大きさ別におすすめのトートバッグを紹介しています。

大きいトートバッグ(ロッカーバッグ・ボストンバッグ系)

パーリーゲイツ ロッカーバッグ

ゴルフブランドパーリーゲイツの人気トートバッグです。大容量のトートバッグとなっており、宿泊用の旅行バッグとしてもしっかり使えます。

価格 カラー サイズ
17,600円 ホワイト
ネイビー
サックスブルー
ピンク
横(上)/65CM
横(底)/40CM
マチ/23CM
取手の長さ/57CM
高さ/38CM

タイトリスト ロッカーバッグ

タイトリストの大きいトートバッグです。シューズ収納機能付きです。シックなブラックがとてもシャープな印象を与えますね。値段も約1万とリーズナブルです。

価格 カラー サイズ
10,491円 ブラック W44×D23×H35cm

ルコック ボストンバッグ (QQBTJA03)

ルコックのトートバッグ型ボストンバッグです。ショルダーベルトもついてますので、重い荷物になっても持ち運べ安くなっています。もちろん、シューズ入れもついています。

素材 カラー サイズ
合成皮革 ネイビー
ホワイト
ブラック
41×23×42.5cm
(W×D×H)

小さいトートバッグ(カートバッグ)

パーリーゲイツ トート型カートバッグ

ゴルフブランドパーリーゲイツのカートバッグです。笑顔溢れるPG SMILEがチャームポイントとなっています。内側には仕切り付きや、ジップ仕様ポケットなどで小物もスッキリ整理整頓できます。

価格 カラー サイズ
15,400円 ホワイト
カモフラ柄
ブルー
ピンク
横(上)/約33cm
横(底)/約18cm

高さ/約20cm
マチ/約12.5cm
取手の長さ/約34cm

ジャックバニー トート型カートバッグ

ジャックバニーのカートバッグです。有料ですがネームプレート+オンネームのサービスもあります。ファスナー付きの開閉口となっているのでカラスに襲われても大丈夫です。

価格 カラー サイズ
6,380円 ホワイト
ネイビー
レッド
ライムイエロー
ターコイズグリーン
横(上)/約34cm
横(底)/約21.5cm

高さ/約22.5cm
マチ/約12cm
取手の長さ/約31cm

コンバースカートバッグ

シューズが有名なコンバースのカートバッグです。機能性はシンプルですが、コスパがいいので初めて使うのにはおすすです。

素材 カラー サイズ
コットン/綿100%
ヘビーキャンバス素材
ブラック
キナリ
ネイビー
レッド
グレー
ベージュ
レオパード
内側 吊ポケット付

本体から持ち手 約10cm

上横幅:約30cm

底横幅:約20cm

マチ:約19cm×14cm