ラウンド中のゴルフウェアや来場時の服装マナー、快適なプレーに役立つファッションアイテム

ゴルフはマナーのスポーツであり、身だしなみもとても大事です。

サッカーや野球みたいなユニフォームはありませんが、自分の個性を出すためにもできるだけお洒落にゴルフウェアを着こなしたいものです。

今ではイメージできませんが、ゴルフがスポーツとして認知されはじめた初期の頃ではラウンド中でもドレスコードをしていたそうです。

そういった歴史的な流れを受け継いでいるため、ゴルフ場ではラフな格好でプレーしている人を見る機会がほとんどありません。

できるだけかっこいい・かわいい見た目でプレーしたいのは当たり前だと思いますが、実はゴルフには服装にも押さえておかないといけないマナーが存在します。

基本的な服装

基本的な服装としてはキャップ・ポロシャツ・スラックス(チノパン)・ゴルフシューズという構成になります。

冬場はその上にウインドブレーカーやダウンベスト、雨の日はレインスーツを着てプレーするイメージです。

服装の構成は意外と普通なんですが、ゴルフ場で着てはいけないNGな服も存在します。

NGな服

まずはTシャツかジーパン・サンダルなどを着用してのプレーは禁止されることがほとんどです。
*ほとんどと書いてますが、ジーパンとかサンダルを着用しながらプレーしている人を見たことはありません。(Tシャツはあります。ホリ〇モンとか)

トップスは襟付きのシャツが基本ですが、ポロシャツなどが一般的になります。

プレー費が高い高級なゴルフ場ほど、プレー中の服装には厳しかったりします。

中には守らないプレーヤーを退場させたりするゴルフ場もあります。

来場の服装

また、プレー中の服装以外にも来場する際の服装にもマナーがあります。

基本的にはトップスがジャケットでかつ、パンツはスラックスなどのロングパンツになります。
*スーツみたいな格好ですね。

プレーする格好のまま来場してもギリギリ大丈夫(ゴルフ場によります)ですが、周りがドレスコードしてますので、自分一人が浮く格好になります。

こちらも高級なゴルフ場ほどそういった傾向があります。

女性の場合も男性と同様にセミフォーマルな感じの服装を心がけましょう。

コンペ

コンペなど大きい集まりでもジャケット着用やスーツで来場する人がほとんどです。

なので、よそ行きのコンペに行く場合はドレスコードしていった方が無難です。
*もちろん身内のコンペの場合はテキトーで大丈夫です

初対面の方や仕事関係の方などもいますし、どこでだれと会うかもわかりませんのでできるだけピシッとした格好でラウンドしたいものです。

最近はコロナの影響により、基本的にロッカールームを使わないスループレーを採用しているゴルフ場も増えています。

そのため、よりゴルフウェアで人に会う機会が増えていると言えます。

キャップ

ゴルフは基本的にキャップを着用してプレーします。

ただ、ルールやマナー上、キャップの着用が必須なわけではありませんので注意する必要があります。
*キャップを着用していない人を攻撃しないように

とはいえ、万が一どこからかボールが飛んできて頭に直撃することもあり得ます。

また、夏場では熱中症対策にもなりますので、よほど「邪魔だな」と感じない限りはキャップを着用されることをおススメします。

シューズ

ゴルフ場の来場にはサンダルがNGです。

革靴やフォーマルなシューズがおススメですが、運動靴などでも問題ありません。

また、プレー中はゴルフシューズを着用する必要があります。

フットサルシューズなどでも代用できますが、どうせならしっかりゴルフシューズを準備しましょう。

ウェアはしっかりそろえましょう

ゴルフウェアは一般のアパレル商品と比べると割高に感じてしまいますが、吸水性や伸縮性・耐久性など、運動をする上で必要となる要素をしっかり網羅しています。

快適にラウンドするうえでも必需品となるため、しっかり必要なものをチェックしてから準備しましょう。

パーツごとに

男性

トップス

夏用に使用することが多いのが半袖のポロシャツです。

日差しが強いので日焼け止めのインナーを着たり、長袖のポロシャツを着用する人もいます。

冬場はヒートテックなどのアンダーウェアにポロシャツ、その上にニットやカシミアのセーターなどを着用することが多いです。

さらに気温が低い場合はウインドブレーカーやダウンジャケット、ブルゾンジャケットなどを着用します。

注意点

冬場は温度が低いからと言って、トップスを着込みすぎると肩が全く回らなくなり、飛距離がかなり落ちることがあります。

ですから、できるだけスイングするときは軽装で暖かい格好を意識しましょう。

値段は高いですが、カシミアのセーターなどはおススメです。

パンツ

男性のパンツは基本的にベルトを通せるタイプのロングパンツを選びましょう。

夏場などの暑い時期にはハーフパンツもありですが、基本的にはロングパンツでプレーするのが無難です。

また、パンツのポケットもしっかりチェックしましょう。

ボールなどの小物を入れることも多いですからね。

最近はタイト目のパンツでプレーするのがトレンドですから、しっかり伸縮性のあるタイプのロングパンツを選びましょう。

女性

トップス

女性のトップスも男性と同じくマナーが大事です。

露出の多いキャミソールなどはNGですので、襟のついたトップスをチョイスするようにしましょう。

夏場は日焼けを防止するアームカバーやインナーウェア、またはフェースガードなども必須となります。

冬場は男性と同じく、ニットやセーター類が欲しいですし、ウインドブレーカーやダウンジャケット、ブルゾンジャケットなどもあった方がいいです。

着替えるのがめんどくさい場合は入場時にも着用できるワンピースでプレーするのがおすすめですが、男性ゴルファーと同じようにトップス+パンツの組み合わせでも全く問題ありません。

パンツ

男性と違い、女性ゴルファーはスカートを着用してプレーすることが可能です。

しかし、あまりに丈の短いスカートはNGですし、ベルトを通せないと基本的にはアウトとなります。

また、ゴルフボールなどの小物を入れるポケットはあった方がいいです。

ゴルフウェアのブランドでしたらそのあたりは網羅されていますが、それ以外のブランドをチョイスする場合は注意が必要です。

共通

ゴルフシューズ

ゴルフシューズは基本的に男女必要ですが、メンズとレディースでそれぞれデザインが用意されています。

ラウンド時は歩くことが多くなりますので、歩きやすさは結構重要です。

また、スイング中に地面をしっかり踏ん張れるように滑り止めがしっかりしていることも大事です。

そのため、ゴルフシューズは滑り止めがしっかり効いており、歩きやすく、履き心地がいいものをチョイスしましょう。

撥水性(水の弾きやすさ)や透湿性(ムレにくさ)がいいものもありますが、その場合は値段がかなり高くなります。

キャディバッグ

キャディバッグは機能性が重要なゴルフアイテムですが、見た目も気にされる方も多いです。

また、素材も重要で

  • ポリエステル
  • ナイロン
  • エナメル
  • 合皮

の違いで、見た目や値段も変わってきます。

キャップ

ゴルフキャップと言っても、種類がいっぱいあります。

  • キャップタイプ
  • バイザータイプ
  • ハット
  • ハンチング
  • ニット

などがあります。

どれを着用するかは好みの問題ですが、ゴルフウェアとの相性もありますので、しっかり考えましょう。

小物類

ゴルフには小物がたくさんありますが、ベルトなどを意識するとコーディネートにアクセントをつけることができます。

また、ゴルフボールケースなどの小物入れ、ティーやグリーンフォーク・マーカーなどにも個性をつけることができます。

天候・気候

ゴルフは年中プレーできるスポーツですが、季節を考慮して準備する必要があります。

猛暑

猛暑の日は通気性のいいポロシャツやゴルフウェアを着用しましょう。

できるだけ肌の露出が少ない方がいいですが、それが嫌な場合は日焼け止めなどをしっかり塗りましょう。

また、目の紫外線ダメージが大きくなりますので、可能であればサングラスなどを着用しましょう。

その他、服装は関係ありませんが、水分補給や塩分の補給はしっかり行いましょう。

小雨程度であればゴルフ用の傘を使用しますが、雨や風が強い場合はカッパを着用しましょう。

傘はゴルフ用の大きいタイプのもの、カッパはポケットの数が多いタイプのものがおススメです。

シューズなどは撥水スプレーを事前に塗っておきたいところですが、どちらにせよ中に水が浸入しますから、靴下などの着替えはしっかり準備しましょう。

また、雨の日は地面がぬかるんで滑りやすくなっていますので、そちらにも注意が必要です。

冬場

冬場はとりあえず寒いので手袋やカイロ・ネックウォーマーがあると非常に便利です。

スイング中にジャケットなどを脱いだりしますから、ヒートテックなどのアンダーウェアは必須です。

また、靴下も長いタイプのものがおススメですし、キャップはニット帽にするのも暖かくておススメです。